女性の不感症にはいくつかの要因があるため、原因を一つずつ知る必要があります。

ラブグラで不感症、バイバイ!

不感症が起こる理由

不感症が起こる理由

不感症とは、性的な刺激を受けても全く興奮を感じない。または何の感情的な興奮も生じないことを意味します。

性的な意味では、男女差により反応や意味合いが異なります。男性のケースで考察をすると、性的な刺激を受けてもペニスが勃起をしない、中折れをしてしまい途中でセックスを終了せざるを得ないといった勃起障害や、遅漏という射精に時間がかかる症状が挙げられます。女性側のケースでは性的な刺激を受けても興奮出来ない、あるいはオーガズムに達しないことや膣内が濡れない、などの事を一般的に言います。

男性は身体的な病気などが起因になり、疾患の治療をすれば改善できる可能性が高く、ED治療薬などの医薬品も豊富に揃っています。ですが女性の場合、不感症の原因や対処方法が多岐にわたります。性医学的な分類では精神的、神経生理学的な問題と分別されますし、双方が密接に絡み合い起こるケースもあります。

さらにいえば女性には生理周期があるため体調にも左右されますし、それにより性的興奮の度合いも変わります。女性のオーガズム到達前に男性がオーガズムに到達し、性交が終了してしまうケースや、男性の愛撫が女性の気持ち良いと感じる部位とは異なる部位へ刺激を与えている場合なども挙げられるため、パートナーとの信頼関係、気持ちの良い愛撫についてなどを話し合いコミュニケーションを深めていきましょう。

また女性ではオーガズムに達しないから不感症であると、はっきり診断がつくものでは決してありません。雑誌の女性アンケートでは、性交においてオーガズムに達する事が出来ないと答える女性が過半数に上ったという結果があります。何を意味するかというと、オーガズムを必ず迎えられる女性はあまり多くないといえます。
そこまでに至るにはある程度自分の体を知らなければなりません。そして性的な刺激を繰り返し、段々それが快感を生むものだと脳に認識させ、初めて実現可能になるといえます。