日本の女性と海外の女性の違いは文化や物をはっきりと言える環境であるかの差がうかがえます

ラブグラで不感症、バイバイ!

日本と海外の女性のセックス観

不感症が起こる理由
日本の女性

日本の女性は羞恥心を持ち、どうしても受け身がちになるため積極的に行動することが難しいようです。自分のしたい事を相手に伝えると、幻滅されるのでは?と考えてしまいます。これらの事がブレーキになり、自分の意志を伝えられない、自分を開放することが出来ない、などと次第に不満が募っていくでしょう。結果として、マンネリなセックスを送って行き次第にそれも面倒くさくなるため敬遠していく事も珍しいことではないでしょう。

海外の女性

一方で海外の女性はオープンな人が多く、男女とも物事を明確に言える環境です。もちろんそれはセックスに対しても該当します。女性がリードする場合も珍しくないですし、毎晩でも、休日でも求める事はごく当たり前の事です。当然ですが嫌なことは嫌だとはっきりと伝えられますので、気分が乗らない時は強く拒絶をします。日本の女性はそれを伝える事が苦手で、自分の気が乗らない時でも求められた場合には、渋々了承してしまう事も珍しくないはずです。このような文化的な側面、貞操観念の差も大きいためどちらが良いのかとは申し上げられません。また日本の女性、海外の女性も全てそれに該当するのか?と言われれば違います。

性教育の差も大きなはずです。海外は小さな頃よりそういったことについて勉強しとても進んでいますが、日本では未だ性教育は充実しておらず、正しい情報が得られにくいです。性に関する事は最もタブー視されているのが日本の風潮でしょう。

セックスの回数にも差が?

セックスの回数にも非常に差が分かり、日本人の年間セックス回数は世界で最も少ないという統計もあるほどです。それは前述に記した通り文化的なことや性教育の問題もあるでしょう。本当はもっと開放的になりたいけどこのような文化により躊躇をしてしまうのが傾向として見て取れます。

日々の生活も関係しています。海外では仕事とプライベートは明確に分けられています。一方日本はそこにも遅れが見られます。
残業や休日出勤など言われてしまうと断れない風潮があります。疲れてしまったり、ストレスも溜まればセックスをする気分にはとてもなれません。